イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ABARTH124spider足廻りセッティング始まりました。

既に幾つかの仕様変更を進める当社デモカー足廻りをアライメント変更やショックの開発を進めております。
新車状態でのアライメント測定を行い、ストックままの良さを最大限に引き出すセッティングを模索中。

1 2

定盤の上で最低地上高の測定、全体のノーマルの車高を測定します。

sdl cimg5476

SDLテストの結果でサスペンションの状況、タイヤ一輪づつの荷重を確認。カタログデータ通りの前後バランスに納得です。

5 6

マルチリンクのブッシュストレスをそれぞれ修正、あえてメーカー基準値より外した数値に調整して試走してみます。

サスペション変更の材料も揃いました。

cimg5490-2 cimg5491-2

上記、NDロードスターベース試作サスペションSET 伸び側のみ調整機構付き

cimg5498 cimg5499

上記 伸び側・縮み側どちらも調整機能付き試作サスペションSET

BISTEINとEIBACHの組み合わせで124spider専用ショックのセッティングを行う予定です。