イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

124スパイダーの低回転トルクの向上と、更なるフィーリングアップを狙って

ノーマル状態でも十分に刺激的な124スパイダーの、足りない所を補うべくお得意の点火系統強化
を行いました。

搭載されているエンジンは、MITOやジュリエッタと同じ1.4Lマルチエアーですので従来の物が
流用できるという予想で調査にかかったところ、制御方式はやはり同様でした。

今回取り付けを行なうパーツは
イグニッションコイルの昇圧装置 V-UP16
スパークプラグへの点火回数を増加する MSA(マルチスパークアンプ)
の2種類です。
過去の工場通信のページから、それぞれのカテゴリページをご覧いただけます。

ただし、エンジンの搭載方向が異なる為、作業性は悪いです。
配線を行いコイルがエンジンルームの中央部・縦に位置する為、車体に対して左右のフェンダー越に
手を伸ばして施工します。遠いのです...更に低さも合い重なり腰が痛いです。

イグニッションコイルや、カプラは見慣れた光景です。
rimg1684

車輌側に、ステーを固定する良い場所があった為、既存のボルトを使用します。
こちらは昇圧装置の V-UP16です。
供給電圧の昇圧により、1回の点火エネルギーを増幅させる事により、低回転発進時や
ブースト時などのエンジン負荷が増大した際の混合気への着火ミスを低減し、爆発力を増大する
事で走りに厚みを持たせる、その様な効果を体感できます。
rimg1683

続いては、点火回数増加のMSAです。
124スパイダーは、エンジンコントロールユニットからの点火信号が4つのコイルにそれぞれ
独立で点火信号を供給するため、使用するMSA本体もそれにあわせた物を使用します。
3800回転までは5回のスパークを、3800回転以上は2回のスパークを出力します。
滑らかなエンジンフィーリングと、鋭いレスポンスを得られるMSAはエンジンの持つポテンシャル
を最大限に活かすデバイスです。
rimg1682

じっくりと試運転を行い、フィーリングの変化や燃費など検証していきますよ!