イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ブレーキ整備のプジョー208GT

2017/01/12 | 何気ない作業風景

プジョー208GTのブレーキパッドの交換です。
いつもの様に作業前にSDLテストを行い点検診断。その際、気になる状況を確認しました。

前後それぞれ軽いブレーキ制動の際、左右差の多い診断結果にて左右のブレーキの片効きが確認されました。ブレーキローターの内と外のブレーキパッドの摩耗状況が違っておりました。

キャリパーマウントとブレーキパッド間が腐食によって摺動が良くない状態です。

1 2
冬季シーズン、路面の凍結防止に侵された事が原因でしょう。

キャリパーマウントの加工修正・防錆ペイントを施し組み付けです。

7 CIMG5710

6 4
ブレーキパッドの交換程度と思ってた作業が思わぬ時間が掛かってしまいましが、確かなブレーキ性能が復活しました。