イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

G.PUNTOのアライメント調整

G.PUNTOの継続検査と合わせて、アライメントの調整を行いました。継続検査の受験項目にフロントサイドスリップ(横すべり量)の測定は有りますが、リヤに関しての測定は行いません。

しかしレッドポイントでは、リヤの足廻りのアライメントアングル(後輪タイヤの位置関係)が大切な事を知っています。

CIMG5916  CIMG5914

今回は、そのリヤのスラストアングル不良の為、修正を行い、必然的に変化するフロントステアリングセンター位置の調整を行い、4輪のタイヤの位置関係を修正します。

CIMG5912  CIMG5915

フロントとリヤのアライメントは、総合的に診て行く為に4輪アライメント調整は大切だと思います。