イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

FIAT PANDA2 4X4 クラッチ整備進行中

連日のクラッチ交換作業はぐんぐん進行中です。
RIMG2978 RIMG2988

パンダ4X4はクラッチレリーズベアリングが異常な音を発した為、自走入庫では無く
レッカー搬送入庫となりました。
ペダルを踏まなくてもキャラキャラ 踏むとガリガリゴロゴロと今にも何かが壊れそうな
異音を放っていました。

原因はコイツです。
RIMG2989
小さなレリーズベアリングです。
パンダ4駆は、ペダルに備わるアシストスプリングの影響で、レリーズベアリングが常時回転する
構造なのです。
それ故に、ベアリングの劣化が早いのです。

ベアリング以外にも、マウントが非常に悪くなっていました。
RIMG3020

パット見ではあまり酷さが分からないのです。
RIMG3018
手で力を加えると。
RIMG3019
なんじゃこりゃ!ですよね。
内部がちぎれてはみ出てきます。
ここまで悪くなっていると、交換後の体感度もかなりのものです。

クラッチも軽くなり、軽快に走行できるようになりました。
ちなみにミッション降ろし作業はまだまだ続きます。
一体いつからこの流れになったのでしょう。