イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシア3RS タイミングベルト交換

ルーテシア3RSのタイミングベルト交換を施工しています。

このエンジンのベルト交換には、SSTを使用します。
RIMG3108 RIMG3110
ピストントップを計測し、その位置でカムシャフトを固定します。
ほとんどのルノー4気筒で同じツールを使用します。

当社で使用するSSTは、使用効率を考えて形状を改良済みです。
RIMG3109
狭い場所でも、SSTをセット出来るように改良する事で、作業効率を上げています。

外すものが多いです。
RIMG3111
エンジンマウント・ベルトカバー・プーリ類・インテークマニホールドなどなど。

マウントや、プーリは、交換がベストですが今回は予算との相談で再使用する事に。
RIMG3112 RIMG3113
劣化具合もそれほど酷くは無かったです。

肝心のタイミングベルト本体は、ベルトの背に無数のひび割れが生じていました。
交換して正解です。
RIMG3114

テンショナベアリング・アイドラベリング・ウォータポンプはもちろん交換です。
RIMG3115 RIMG3116
アイドラベアリングは、対策前の物が付いていた為、新車時から未交換であった予想がつきます。
アイドラベアリングの外周樹脂は、亀裂が生じていました。

作業場所は、結構狭いので作業性は悪いですが、メガーヌRSほどでは無いです。
RIMG3117

どんな車もそうですが、中古車の購入時にはタイミングベルトの交換が何時行われたか
は把握しておくと、安心ですよ。