イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

[お客様限定] ☆追加メニュー☆ を追加しました!

当社をご利用頂けるお客様限定のメニューを追加しましたので、ご紹介します。

その名も「ボディの鉄粉除去~ご希望なら簡易コーティングもやっちゃうよ!」です。

呼んで字のごとく、鉄粉取りと簡易ポリマーコーティングの作業を当社で受注開始です。

手始めに当社の代車 FIAT PANDA デュアロジック で施工してみました。
CIMG7475   CIMG7471
まずは鉄粉の付着レベルをチェックします。
塗装に付着した鉄粉は、眼で見ても殆ど認識できません。
ルーペを使えば 黒いツブツブを確認できます。(写真には写りませんでした)
素手で触ってもなんとなくザラツキを感じ取れる程度です。
ところが!うす~いビニールを手に装着し、かる~くボディを撫でると...
「ザッラザラ!」がビニール越しに伝わってくるのです。
この感触、是非ご自身でチェックしてください。
喫煙者の方はタバコを包装しているビニールが最適です。
利き手の人差し指と中指にビニールを被せ、撫ぜましょう。
非喫煙者の方は、お菓子の包装用ビニール(アーモンドが入ったチョコtレートが最適)をご利用下さい。

おそらく、殆どのボディには鉄粉が付着していると思います。
この鉄粉が多いと、ワックスや艶出し剤の載りが非常に悪くなるのです。
また、色の強いボディカラーの場合(赤が特に)鉄粉が多く付着していると、なんとなくカラーがボケて見える様に感じます。
鉄粉をスッキリと除去する事で、車全体の見た目にも締りが出る事があります。

鉄粉を除去した後は、簡易ポリマーコーティングの施工です。
CIMG7478
「LUSTER NEO」の出番です。
一般的にはあまり出回っていない製品ですが、当社では取り扱っています。
業務用に近いコーティング剤です。
軽度の汚れを除去しながら、ボディ表面に皮膜を形成します。
攻撃性の強い研磨剤は含んでいない為、塗装を傷つける心配がありません。

鉄粉を取り除いた後の、コーティングの載りの良い事!
これまでも気に入って使っていた製品ですが、更に気に入りました。

CIMG7480 CIMG7479
あまりに綺麗になるので、嬉しくなってボディ全体を施工してしまいました☆
ちなみに、この代車パンダですが調子は良いのですがやはり代車...ボディの手入れは殆どできていません。
そんな管理下にもかかわらず、かなり綺麗になっています。

鉄粉が取れているか・いないのか、この結果は大きく違います。

「ボディの鉄粉除去~ご希望なら簡易コーティングもやっちゃうよ!」は、お車をお預かりさせていただく際に
ご利用頂けるメニューです。車検や点検・その他の内容でのご来店の際にご指名下さい。

基本内容としては、鉄粉付着率の高い上面部分 ボンネット・ルーフ・トランク を施工対象箇所としています。
程度にもよりますが、基本価格は  ¥3900-(税抜き)からです。
ボディ全部への施工は...ご相談下さい。
簡易コーティングは ¥5000-(税抜き)からです。

注:普段からきちんとしたコーティングメンテナンスをご利用頂いている方を対象としたメニューではありません。
  お値打ちな価格で、少し綺麗にしたいな~、という方を対象としたメニューです。
  
 で、綺麗になると嬉しくなるのでもっと調子良くしたくなりました。(これはお客様も同じですよね)
なので、こんな事やあんな事も施工です。
CIMG7481   CIMG7483
代車パンダにはクワドリードレデューサを装着していますので、リード内部の汚れ具合を点検。
ですが、デフロスター加工を施していますので、全く汚れていません。

CIMG7484
なので、V-UP16を取り付けます。
ご存知、イグニッションコイルへの供給電圧を16ボルトに昇圧する装置です。
既に装着済みの方も多いですね(効きますから)。
フィアット ファイアーエンジンはレデューサも凄く効きますが、V-UPの効きも凄いのです。
絶対的パワーこそは低いですが、フィーリングは凄く良くなります。

小排気量エンジンをしっかり回して走る醍醐味!これこそイタリア車を楽しむ秘訣です。
でも...回したくても軽快に回らなければそんな気は失せますね。
だったらコレとレデューサです。あ、基本整備も必要ですよ。

代車パンダは、予約制ではありませんが、使ってみたい!という方はリクエストを下さい。
タイミング良く残っていればご利用いただけます。

また、フィアット500 1.2L デュアロジックの方の参考にもなると思います。
3000回転を超えてからの軽快感はまるで別物ですので。

車を綺麗にするって気持ちが良いですね☆