イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシア3RS にBILSTEIN B14をファインチューンを施し取り付けです。

前に少しご紹介した、BILSTEIN B14について考えるを実行に移しました。

色々と測定を行っています。
ダンパー本体の伸びきった時の寸法
全てを縮めた時の寸法
付属スプリングの全長・スプリングレート
車輪重量に対してのバネレートの計算・予想推定車高
予想車高から察するダンパーストロークの許容値
などなどを調査した結果、ストックのまま使用するのでは無く
ちょっと修正をいれた方が面白い結果になりそうです。
IMG_4699
IMG_4697
アッパーマウントは純正では無く、ピロアッパーにしますので
アッパーシートとピロカラーが必要になってきます。
IMG_4689 (1)
アッパーシートは、当社のオリジナル(スラストベアリング入り)を使用します。

構想をある程度煮詰めて、まずはリヤ側から着手します。
リヤは部品の変更は行わずに、ストック状態でまずは組み付けます。
IMG_1685
上げ方向・下げ方向 どちらにも余裕を残した状態に調整を行い、組み付けました。
(これにより、フロントが下がりすぎ・上がりすぎの結果になっても対応可能とするためです。)
(そのためにまずはどの程度の車高にリヤが落ち着くか?を見ていきます。)

リヤ側は狙い通りな下がり具合に落ち着いてくれました。
IMG_1677
色々と寸法をメモしています。
IMG_1682
約30ミリのダウンです。

フロント側に移りましょう。
IMG_1717
フロントは、アッパーマウントをピロアッパーにし、スプリングレートを
変更した直巻きバネへと変更し組み付ける予定です。

青色はBILSTEINに付属のスプリング
今回は使用しません。
ダークブルーのスプリングはハイパコ製のスプリング
IMG_1718
そしてピロアッパーマウント
IMG_1719

さてどんな感じになるのでしょうか。
IMG_1721

車両への組み付けを行う際に、追加の交換部品も出てきています。
IMG_1746
ダブルアクスルストラットの中心部です。

この部分にガタが出ます。
IMG_1747
IMG_1778-ANIMATION
画像をクリックすると、ガタの具合を確認できます。

このようなガタが発すると、ステアリングを大きく・低速で切り込んだ際に
ゴクッという音がでます。

組み付け後は、カバーで覆われる為、記念撮影です。
IMG_1804
キャンバーアジャストの可能なアッパーマウントです。

着地させ、車高の確認です。
IMG_1806
フロントは約10ミリダウンです。
気持ち的にはもう少し下げたい思いもありましたが、大体は狙い通りとします。

IMG_1809
アライメントやSDLの仕上げを行い、来週中頃には完成予定です。

お待たせしていますお客様、もう少しお待ち下さい。