イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

DS3レーシング(S.LOEB)に REMUSマフラー サウンドデータ付き

2013/12/20 | シトロエン

本日はDS3が3台も工場に入っていましたよ。写真はありませんが...
この所、DS3の入庫は凄く多いです。スポーツシックとレーシング入れ替わりで毎日何かが
入庫していました。
特にレーシングに関しては沢山のご新規様にもご来店いただいています。
台数の少ない車が、こうしてお集まり頂けるのは嬉しい限りです。

そして、今日はまたまた レーシングのお客様に、マフラー交換のご依頼を頂きました。

今回装着するマフラーは REMUS SPORTS LABEL  です。
レーシングとスポーツシック共に同じサイレンサーが装着可能です。
スポーツシックとの純正上の違いは、センターサイレンサの有無です。
レーシングには真ん中のタイコが付いていません。元々ストレートパイプです。
なので、REMUSを装着すると、スポーツシックよりも音量が上がるのは間違い有りません。

参考までに、スポーツシックに上記のマフラーを装着した場合の音量は
レーシングの純正マフラーの音量に少し近づきます。そして図太さが増します。

CIMG7665 CIMG7666
交換前のレーシングの出口
スポーツシックよりも口径の太いデュアルカッターですね。
マフラー交換の際は、純正パイプを切断する必要があります。
丁寧に凹みが用意されていますので、そこを目安に切り落とします。

CIMG7673 CIMG7672
切断後にレムスサイレンサのパイプを差込み、クランプで締め付けます。
非常に出来が良いので、装着後の位置調整に苦しむことも無く、排気漏れも皆無で装着出来ます。
最近のマフラーは出来が良くなりました、本当に。昔は結構苦労したものです。

CIMG7671 CIMG7670
テールエンドは84パイの2本出しです。
レーシングの純正エンド部よりも一回り太く、斜めにカットされた出口がディフューザの角度と合い、
非常に収まりが良いです。
チラッと見える[REMUS]ロゴが粋です★

気になるサウンドは?

実際に聞こえるサウンドとは異なりますが、ご参考になればと思います。
空吹かしと、実際に走った際に聞こえるサウンドが全く別物です!
走行中は、スロットルの開け具合により音質も、音量も変わります。
深めにスロットルを踏み込むと、3千回転を越えた辺りから、非常に心地く響きます。
音質は「図太くありつつも、こもりが少なく、雑味の無い」レーシングにマッチするサウンドです。

どうですか、DS3乗りの皆様、心が★ザワついて★きたのでは無いですか?