イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオGTV シフトレバー台座が割れています。

2014/04/18 | 何気ない作業風景

現在作業進行中のアルファロメオGTVですが、工場内での移動中に 「あっれ?リバースギヤに入らない!」
そんな不意のトラブルが発生しました。
CIMG8182
多岐にわたる整備内容でのお預りとなっています。

このGTVに関しては、部品供給が以外に難しくもあり、試行錯誤しながら作業を進めています。
そんな中での一発目の作業は...?
シフトレバー台座の不具合です。調べてみると、結構な頻度で発生している症例の様です。

突然、シフトレバーがクタンクタンな状態になり、節度感がなくなります。
前後方向はカチ・カチっとはいるのですが、左右方向はグニャグニャになりました。

シフトのワイヤーが切れたのかな?と思いきや原因はここでした。
CIMG8186 CIMG8185
横方向・軸部の納まるケースが割れています。
そうすると、リンクブッシュが抜け落ち、本来は位置決めされいるシャフトが抜けてくるのです。
部品を調べると、アッセンブリーでの供給のみ!高価です。
その他にも山のように作業のある今回のご依頼ですので、不意の部品追加は極力抑えたいという思いで調べました。

CIMG8204 CIMG8206
今回の不具合を修理する為に必要な最低限の部品を調達し、組み換えを行います。
これで一安心です。
GTV・スパイダーオーナーの方、シフトレバー横方向の動きに違和感を感じたら要注意ですよ。

(通信販売には非対応の部品となります、ご了承下さい)