イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノーカングー2のリヤセクションに断熱フィルムシルフィードの施工

IMG_5089

ファミリーユースに最適なカングーにシルフィード・ウィンドフィルムの施工を行いました。
IMG_5090
後部座席に座るお子様が、太陽の日差しで眩しいのがかわいそうだから。。
と言うことで、ウィンドフィルムを貼ることに。

とは言っても
「カングーには真っ黒なウィンドは似合わない!」と言うのが今回のお客様のこだわりでして。

可視透過率を入念に考えての、フィルムカラーの選択となりました。

先程から私の言うシルフィード・ウィンドフィルムについてのご説明を添えます。
「シルフィードは、太陽エネルギーの中の赤外線を大幅にカットすることで車内の温度上昇を抑え、より快適な車内環境を実現する高性能断熱カーフィルムです。スモークの濃さとは関係なく赤外線のカット率がほぼ一定なので、お好みの濃さのフィルムで優れた断熱効果を実感できます。」
つまり、ジリジリとした真夏の日照りの暑さを緩和できるフィルムという事です。

少しでも日に焼けたくない女子にも力強い味方です。
ここポイント高いです。

今回は可視透過率45%のカラーを選択しました。
スモークフィルムの設定の中では、もっとも薄い色合いです。
IMG_5135
写真では分かりづらいですが、スモークフィルム越しに、向こう側の景色も透過していますでしょ。
カーメーカー純正のプライバシーガラスよりも、ひとつ薄い位の濃度なのです。

普段運転されるのは、奥様ですのでこの位の濃さであれば、夜間の後方視界も安心です。
濃くし過ぎると、車庫入れの際に後ろがまるで見えない!ってなります。

女性にも、お子様にも、内装材にも優しいUVカットフィルムの施工も承っています。