イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ご新規様 ルーテシア3RS 点検作業にて入庫です

2019/03/29 | ルノー何気ない作業風景

IMG_5033 (1)
とにかく急増中なルーテシア3RSです。
今週はご新規様車両の点検や、ご新規様からのご相談のお電話も多かったです。

当社では、取り扱いの車種に関して、初めて診させて頂くお車にはご新規様点検という
内容の点検作業をまずは行っています。

修理の必要な箇所にいきなり着手するのでは無く、一呼吸をおき、じっくりと車の点検を行います。
お待ち頂く間に完了する簡単な内容では無い為、最低1日のお預かりをさせて頂いています。

点検をご依頼希望の方は、お電話か、お問い合わせ よりご依頼下さい。

ルーテシア3にはなぜか多い、フロントスプリングの折損。
IMG_5035 IMG_5036
左右共に無事でした。
この分厚い保護チューブが良く無いのですよ。
湿気を含んで、中で錆が発生し、折れます。

前回と同じく、タイロッドのガタを確認しています。

これが起きると、ステアリングフィーリングが凄く悪くなります。
そりゃそうですわね。
ハンドルをしっかり握っていても、タイヤ側でグラグラ動くんですから。
要修理ポイントです。

何故か欠落なアンダーカバーボルト。
IMG_5041
点検の際にはカバーを外すので、取付の際には不足箇所にボルトを補充しました。

あるあるな、クランクプーリのダンパー劣化による、合いマークのズレ。
IMG_5043
タイミングベルトの交換も必要な時期ですので、合せてアルミクランクプーリに交換しましょう。

アップライトのピボットにもガタを見つけました。
IMG_5044

タイヤを眺めていて、気になったのがフロントタイヤ左右の偏摩耗です。
両方共に内側が沢山減っています。
アライメントの問題もあるのでしょうけど、タイロッドのガタも原因として考えられます。
IMG_5045 IMG_5046
フロントブレーキキャリパーの固着対策も行っておきたいところです。
今現在、固着している可能性もありますけどね。。
IMG_5052
無塗装ブレンボは、スチールのロックピンに錆が発生し、キャリパーから外せ無くなる事が多いです。

サーモスタットや、クーラントタンクは交換しておきたいです。
IMG_5054

長期間換わっていない雰囲気の、ブレーキフルードの液色。。
レベルも低いです。
IMG_5055
ブレーキフルードは、新品時はほぼ無色ですが、酸化が進むと黄色っぽくなります。

ちなみに、酸化したフルードは耐フェード性能が低下します。

充電回路の整備は必ず行っておきたいですね。
IMG_5053
特に今回はバッテリ状態が凄く悪いです。
IMG_5059 IMG_5060

IMG_5061
走行距離は 77.045キロ
非常に沢山の距離を乗られるオーナーの様ですので、予防整備を含め、作業内容は豊富になりそうです。

点検完了後、ご予算に合せて優先順位を元に、お見積り・打ち合わせとなります。