イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

車検のイプシロンはステージ3メンテナンスからスタート イプシロンーPart.1

IMG_6190
先日は素敵なカフェに行って来ました。
ひるがのにある「Tocoro Coffee」
以前にダイナランドでのユリ園の際に食した「珈琲屋が本気で作ったコーヒーかき氷」のインパクトが大きすぎてお店の名前をずっと覚えていました。
今回はコーヒーソフトとチョコソフトもめちゃくちゃ旨かったです。
あ、もちろんコーヒーが旨いのは言うまでも無くですので。

でも、調べて見ると今年の8/25でこの店舗の営業を終了するとの事ですので、気になる方は是非!

新しい1週間の始まりです。
今週は車検整備が非常に多い一週間になりました。

当社での車検や12ヶ月点検の場合、法定点検に合せて合せてご依頼を頂く作業が多いです。
嬉しい限りの事です。
ですので、複数台の車両の作業の順番や、流れをいつも考えながら進行しています。
IMG_6310
イプシロンは、車検と合せてステージ3メンテナンスを軸に、足廻りの補修なども同時にご依頼を頂きました。
IMG_6312
まずはカーボンクリーニグの作業から着手しています。
IMG_6313
営業車として活躍しているイプシロンですので、程よく使い込まれた雰囲気のエンジンルームです。
これらの埃っぽい空気感もこの後のスチーム洗浄で綺麗さっぱりリフレッシュします。

インジェクタノズルの単体点検も施工します。
IMG_6336 IMG_6337
噴霧パターンの点検・ノズルのリーク(後垂れ)噴霧量の測定・超音波洗浄・シール及びフィルタの交換が一連の流れです。

中にはこんなに小さなフィルタが入っています。
IMG_6342
IMG_6340
ノズル内部に蓄積された微細な汚れをクリーニングする事で、綺麗に除去します。
エンジンECUが指令した噴霧量に従って正しい噴射が可能になります。
それにより、空燃費が整い、安定したエンジン性能を発揮します。

カーボンクリーニングの後はエンジンオイルが汚れます。
真っ黒なオイルを排出し、ここで一度フラッシングオイルに入替えます。
IMG_6343 IMG_6341
その他の作業の進行中にフラッシングを進行し、最終的にエレメントと本来の新油に入替えます。

引き続き作業を進めます。