イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

こんな所もケアします カングーーPart.3

IMG_6663
メンテナンス中のカングーのボンネットキャッチ部です。カングーの場合開閉方向の都合上、キャッチが目立つ所に装着されています。車検作業を終えようとしている段階で、目に付き気になったので外して洗浄と給油を行いました。

IMG_6666
潤滑も必要な箇所だけに、塗布している油分に埃が乗り薄汚れています。ここの動きが悪くなるとボンネットの締りが悪くなる・ボンネットが開き難くなる、といった問題が発生します。

IMG_6671
洗浄機トレントで一発洗浄!汚れがすっきりと落ち、給油する事で動きが滑らかになります。ボンネットを開ける際に引っ張るワイヤーに対しての負担も軽減できますので、ワイヤーが切れてボンネットを開けられなくなるトラブルも回避できそうです。