イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

695マセラティ リヤバンパーの浮き上がりの原因は 695ーPart.5

IMG_6734
お預かりの際に、ご相談を受けた部位を修理しています。リヤバンパーの角が理由不明で浮き上がっており、気にし始めると気になり続ける。。そんな状態になっていました。何が起きているのかを点検する為にインナーライナーを外すと、原因は一目瞭然でした。
IMG_6733
リヤバンパーの角の部分が割れてしまい、大きく口が開いてしまっています。予想していた状態よりも酷い事になっていました。しかも過去に補修を行った痕跡も残っていました。

まずは欠片を取り外します。接着修理を行いますので、古い接着剤と接着する箇所の塗装を剥がし、樹脂部分も足付けを行います。足付けは接着剤の密着を高めるためです。
IMG_6703

バンパー内部の接着面も表面の清掃と足付けを施します。
IMG_6704IMG_6705
先端の一箇所のみ、ワイヤーで固定し、それ以外の大きな面積の箇所は樹脂用接着剤で固めます。接着剤の乾燥・硬化を待ち組み戻します。
IMG_6709 IMG_6708
しっかりと固定できた様です。あとは長持ちしてくれる事を祈ります。

綺麗な車だけに、こういう箇所はかなり目に付きます。