イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー用 MSA 適合車種増殖中!

依頼をしていたMSAの試着品(プジョー・シトロエン用)が本日到着しました。

CIMG8128
プジョー106&シトロエンSAXO用です。
106のイグニッションコイルは、前期型・後期型の2種類があります。
カプラの色と、4ピンコネクタの配線の並びに違いが有りますので、共用ができません。

現在、当社の代車に装着中のMSAは、前期型ですのでせっかくならば後期型にも試したい!
とのリクエストに応えてもらいました
用意していただいたのは、制作元でもあるツイントップさんです。

これにて、106後期が試着可能となりました。
106後期に装着可能となったと言うことは...206にもいけるかも!?
早速テスト!!
CIMG8133
またしても代車でのテストです。
206SW 1.6L DOHC です。現在はカングーにお乗りのお客様が永年乗られた車輌です。
206に搭載される1.6Lツインカムは、106と違いピックアップの悪さや、トルクの薄さが気になるのです。
レデューサの装着や、V-UP16の装着で軽快感と、トルクは十分に稼げるのですが、MSAの追加で
どうなるのか?が非常に気になるのです。

早速テストしてみたいと思います。
CIMG8131 CIMG8129
CIMG8130
代車ですが、ツインリードレデューサを2個付けています。
取り回しの関係上クワッドリード1個よりも、この方がスマートに装着できるエンジンなのです。

そして、MSA装着出来てしまいました!
エラー入力も無く、自然にエンジンがかかっています。

フィーリングもすこぶる良いです!
3000回転手前から、前に出ようとする力を強く感じます。
高回転に向けても、ビンッと回る気持ちの良いフィーリングになっています。
恐るべしMSAの一言です。
もう打ち止めかな~と思っていた矢先にこの変化ですから、面白すぎます。
余力がまだ残っていたって事ですね。

今回の試着品が適合する車種をまとめてみましょう。

プジョー
106S16 前期&後期(全車適合可能)
206 1.6DOHC
パルトネール 1.6DOHC
307 1.6DOHC

シトロエン
SAXO VTS
C2 1.6DOHC
C3 1.6DOHC
C4 1.6DOHC

増えましたね!
気になる方は是非ともご試着下さい!

プジョー用MSAの製品版完成時期は、現在のところ未定ですが、アルファロメオ系4気筒用よりも
少し早めにリリースできそうです。