イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシア3RSに あるある な事例 1

2019/07/28 | ルノー何気ない作業風景

IMG_8458
メンテナンスを行うルーテシアやクリオの3で、最近多く見掛ける事例です。
ボンネットを開けるためのレバーが室内にあるのですが、ココを操作しても。。
IMG_8459
ボンネットがほとんど浮いてこない。よくあります。

原因は
IMG_8460
ボンネットキャッチの潤滑不足です。キャッチの動きが非常に硬くなるため、ロック解除後はスプリングの力で少しだけ浮き上がるのですがその作用が無効になります。
潤滑剤をサッと一吹きするだけで、ご覧の通りに浮き上がります。
IMG_8461
些細な事ですが、以外に不便なのできっちりと浮き上がる様にしましょう。