イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

106S16の定番チューニングアイテム

106S16と言えば、コンパクトで軽量なボディに丁度良いパワーのエンジンですね。
オーナーの好みに合う様、様々なパーツがリリースされているのも魅力の1つです。

数あるパーツの中でも、玄人好みなパーツと言えば「高効率エキゾーストマニホールド」が頭に浮かびます。
通称 タコアシ ですね。
今回は、106にタコ足を組む際に思う事をまとめました。

意外に知られていないのが、それぞれのパーツの重量の差です。
皆さん、交換後のパーツを手に取り、その違いに驚かれます。
純正品は鉄の鋳物ですから重くて当然、なんと11キロもある重量物!
対してスーパースプリントのエキマニは約半分の5.6キロ!
5キロ程度は片手で ひょいっと 持ち上がりますが、10キロ超えは両手で持ちます。
CIMG8253 CIMG8252
軽さが武器の106にとって、この差は大きいです。
しかも、装着されている位置が鼻先ですから車の旋回能力向上にも期待できます。

CIMG8255
このお客様のエンジンルーム、大人チューニングだな、と思います。
エアクリーナはノーマルで、エキマニは換えるという。
純正エアクリーナボックスにも良い点はありますからね。

CIMG8260 CIMG8261
純正クリーナボックスをタコアシと併用する場合に気をつける点もあります。
純正のクリーナケースの先には長い吸気の通路があります。
低回転時のトルクを確保する為の通路ですが、この配置がエキマニとの相性が悪い為少し気遣いが必要な部分です。
エキマニを交換すると、エキマニがエアダクトに近付く為熱外を及ぼします。
プラスチック製のダクトですから、溶けているのを見る事が多いです。
なので簡単な対処法ですが、ヒートシールドマットで熱の掛かりやすい箇所を覆います。
これでかなり安心感と信頼性が上がります。

CIMG8265 CIMG8264
これは、メカニック以外に気付く方はいないと思います。
クラッチハウンジグに異物が混入しない様に取り付けられているカバーです。
エキマニ交換によりここのボルトが非常に外しづらくなります。
通常は、ノーマルマニホールドのパイプが絞ってある為、エキマニ側から入ったボルトへのアクセスが
容易なのですが、絞りの無いエキマニに交換するとボルトとパイプのクリアランスが無くなり、
ボルトを外しにかかると途中までは緩んでも最後の数回転が回せない...なんて事に。
なので、ボルトの入れる方向を逆にするのです。
ナットサートを埋め込み、トランスミッション側ボルトホールを加工し、ロングボルトに変更します。
メカニックの作業時間短縮は、慣れも必要ですが、1本のボルトを外すのに必要な時間を縮める事が
全体の作業の流れの中で最も有効に短縮できる方法ですからね。
ちなみに、このプレートはエキマニ交換の際は外す必要はありません。
組んだ後、プレートを外す機会が訪れたときに やり難い!と思うのです。

106のエキマニ交換は、本当に楽しい車に仕上がる為お薦めです。
エンジン性能がグンっと引立ち、持ち味を活かしたエンジンフィーリングが体感できます。

エキマニの持つ高効率な排気は、排気脈動をうまく使えるようになる為、排気のみならず
吸気側にまで効率の良さが伝わります。
排気の抜けが良い、という言葉をよく効きますが、抜けの良い排気が車にとって良いとは異なります。
普段の街乗り~スポーツ走行までを1台の車でカバーしたい場合、抜けの良さでは無く排気効率の良さ
を選択すべきという事です。

バランスの良いチューニング、乗りやすい車に仕上がり楽しいですよ~!