イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

RENAULT CLIO3RS(ルノークリオ) エンジンストール(エンスト)の原因は

2019/10/08 | ルノー何気ない作業風景

IMG_0604
「エンジンがガクンっと急停止する&妙に焦げ臭い」トラブルでクリオ3RSが入庫中です。症状を診ていると、あまりにも唐突なストールの状況でした。
エンジンをスタートしてから数秒後。。。
周期を気にしていると、どうもエアコンコンプレッサーの電源が入り、マグネットクラッチに通電した直後です。

なるほど。エアコンコンプレッサのロックが怪しいですね。

っというわけで、コンプレッサを疑うと。
IMG_0603
IMG_0606
推測の通り、マグネットクラッチは焼け焦げていました。フリープーリは問題無く回転しますが、クラッチ接続後のその先でコンプレッサの機械的固着が発生しています。
エンジンが回れなくなる程ですので、完全に固着しています。

コンプレッサはリペアパーツが供給されませんので、本体ごと交換しオイルとガスを適正量チャージします。
IMG_0609

症状の改善と、エアコンの効きを確認し、作業完了となります。

Written by Hashimoto