イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ABARTH500(アバルト500) ハブベアリングダメージ修理

IMG_0771 (1)

左側のハブにガタつきの発生で、アバルト500の作業開始です。サーキット走行を行うと、どうしてもこの様な類の作業が必要にはなってくるものです。

現在装着中のPCD変換スペーサは強度重視のスチール素材で、FIATにOZホイールをスライドボルト無しで取り付ける設計にしています。
IMG_0772
IMG_0773
スペーサをハブに固定するボルトも厳選素材からの削り出しです。それにより、低頭化に成功しています。
IMG_0774
スペーサから生えたスタッドボルトで、ホイールを固定します。

ハブのガタを動画に収めてみました。

ダイヤルゲージを当て、ハブガタの方向に動かすとよくわかります。

分解を開始すると、いとも簡単に崩壊しました。

お疲れだった様ですね。

IMG_0777
ドライブフランジの損傷も確認できるため、合わせて交換します。

IMG_0782
最近のハブベアリングには表と裏があります。ABSのセンサーに信号を送る為、シール部に磁気が埋め込まれています。
IMG_0783 IMG_0784
つまり、表と裏を間違うと、ABSが正常作動しなくなるという事です。
新品の磁気パターンが正常かどうか?念のために確認して組付ける作業も必要です。

この様なツールを用いて、磁界を調べることが可能です。
点検の結果、正常と判断できますので組付けを行います。

IMG_0786
ドライブシャフトスプラインの固着防止・ロワアームボールジョイントの固着防止、次回の作業の円滑化を考えて今行えることは行います。

引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto