イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

RENAULT MEGANE 3RS(メガーヌ3RS)タイミングベルトの交換

IMG_0957
ルノーメガーヌ3RSはタイミングベルト交換での入庫です。
ちらりと移るオレンジ色のブレーキパッドは、当社オリジナルのSessAブレーキパッドです。

低ダストがウリですが、制動力に不満の声が皆無でして、おすすめです。
また、ブレーキロータへの攻撃性が凄く低いのも魅力です。
特にメガーヌ3RSの様に標準装着ブレンボの場合、ディスクは必然と高額になります。
無傷のうちの取付もしくは、ディスク交換の際は必ず抑えたいポイントです。

IMG_0959
基本的にはルーテシア3RSと同じエンジンですが、過給器が装着されるため、ベルト交換の際に外す部品は多くなります。
SSTをセットする際に、ターボパイプが干渉する為、その付近の分解は必須です。

今回も例に漏れず、地味ながらも細かなひび割れが全体的に及んでいました。
IMG_0974 IMG_0973
ハイパワーなエンジンですので、こういった部分のメンテナンス管理は特に重要となります。

いつもは特に取り上げませんが、ウォータポンプも交換です。
タイミングベルトとウォータポンプはセット交換です。
IMG_0975

IMG_0979
仕上げに、オリジナルクランクプーリも取り付けて、各部の組み付けを完成させます。

メガーヌ3RSの場合、プーリを固定するボルトが他のエンジンよりも太く・長い物が使用されています。
プーリ交換の際は、ボルト交換もお忘れ無く。

Written by Hashimoto