イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

デモカー造りは楽しい

IMG_2770
告知していました、デモカー595のサスペンション交換をスタートします。アバルトやチンクのフロントサスペンションを交換するにあたり、ワイパーのカウル廻りの分解が必須です。カウル内部は雨水が浸入し、埃の蓄積もあり汚れ放題になる箇所ですが、普段の洗車では綺麗に保てない場所でもあります。
IMG_2769
デモカーは低走行距離であることと、殆ど雨に当っていない為に汚れが凄く少なかったです。
IMG_2771

現在装着中の純正ストラット本体を取り外します。
IMG_2774
デモカーに装着されていたダンパーは、KONI FSDにアイバッハのスプリングの組み合わせです。戻す事は無いでしょう。

今回取り付けるのは、オリジナルのサスペンションKITです。スフェリカルアッパーマウントも取り付けます。
IMG_2788
アバルトやチンクのお客様から頂くご相談事項の中でも、足廻りについての内容はダントツに多いです。足廻りに関しての引き出しは相当多い当社ですが、ご説明は出来ても体感できる個体がこれまで無かったことが欠点でした。これで1つのサンプルをご用意できる事になりますので、試乗・体感をして頂こうと思います。

アッパーマウントは、アルミ削り出しの専用設計となっており、ストラットハウジングの凹形状にピッタリとはまり込むデザインとなっています。その為、力の入力時に応力分散され易いのも特筆すべき点です。
IMG_2790
IMG_2791
ピッタリと勘合し、横ずれなどが起きません。

画像は、スフェリカルアッパー C2 となりますが、キャンバー・キャスターが増す設計となっています。純正のストラットハウジングの中で、トップナットが納まる様に設計しています。スフェリカルアッパーN1の場合は、純正と同じ位置にセットする事が可能です。
IMG_2792
IMG_2793
キャンバー角増加のために内側へ、キャスター角増加のために後ろ側へ、それぞれオフセットしている事が分かります。

IMG_2796
組み付けを終え、リフトから降ろしますが、この瞬間がいつもドキドキするものです。車高が狙い通りになるか?や、乗り味がどうなのか?

狙い通りな寸法に納まったように思えます。少し上げたいかな、っとも思いますが、じっくり行きます。
IMG_2798
IMG_2799
25ミリのダウン量です。

リヤ側も交換を終えました。
IMG_2801

今後、煮詰めていきますよ~!
IMG_2797
お楽しみに!

Written by Hashimoto