アバルト500Cは13万キロを手前に各部のリファインがスタート


2度目のお預かりをさせて頂くアバルト500Cです。前回は基本的な整備を施工させて頂き、走行距離に合せた整備がそろそろ必要です。とのお伝えをさせて頂き、今回はそれらの作業を施工での入庫となります。

今回の施工内容は
タイミングベルトの交換
MTAクラッチ機構の交換
下がり過ぎ・テンション掛かりすぎな車高調整のリセッティング
サスペンション・アームブッシュの交換
これらが主となる作業です。

まずは、冷却水とエアコンガスを回収し。

同時施工ですので、一斉分解からスタートしています。


しかし、このフロントセクションは効率的に設計されていて感心します。ある程度の箇所を分解すればゴッソリと外れる構造は、整備性の向上に貢献します。

前回りの見晴らしが良くなったところで、タイミングベルトを交換します。


タイミングベルトは、前回の交換から4万キロ程の走行でしたが、思った以上に劣化が目立ちます。

前回の点検時には起きていなかったトラブルが見つかってしまいました。

ドライブシャフトブーツが破れ、グリスが滲み出てきています。

今回は丁度タイミング良く一連作業で取り外しますので、お客様へのご案内をさせt頂きます。

以降は、トランスミッション廻りの分解を続けて行きます。

Written by Hashimoto