プジョー・シトロエンEP6冷却水注意

此処の所、プジョー・シトロエンの主力EP6エンジンの水漏れ修理が増えています。樹脂材料製の電子コントロール付きサーモスタットや同材料の冷却パイプなど破損に至る場合も見受けられます。車種によりトラブルの発生時期に違いが有りますが、普段の整備にて正確な冷却水管理が大事になってきます。


ウォーターポンプ交換からスタート。


サーモスタットは、本体の溶着部からの水漏れ交換。これで完治と思いきやウォーターポンプ裏より水漏れ確認。

再度分解、ウォーターポンプ~サーモスタット間のパイプも破損で交換です。

その後の水廻り加圧テストにてエンジン前側からも水漏れ発覚、まるでモグラたたきの様です。

排気タービンやキャタライザーの影に隠れ、水漏れ箇所が確認出来ません。まさかのエンジン本体かと脳裏を横切りましたが、全ての部品を外しオイルエレメントブロックを外し、ダミープレートを製作装着、水漏れ箇所を探ります。



エレメントブロックの代わりにプレートを装着した為、エンジンフロント部の全貌が望めます。
シリンダーブロック・ヘッド間に水漏れは無く、一安心です。

以前にかなりの高温にさらされた結果か、エレメントブロックのシールが原因でした。

熱量の高いエンジンの為、冷却水の性能はともかく、冷却能力の良い濃度を管理しましょう。