プジョー307 リヤビームマウントの交換
(リジカラを添えて)


年数が経過し、施工する機会が多くなってきたのがプジョー系のリヤサスペンションの大型ブッシュの組み替えです。
容量が大きいブッシュですので、耐久性も十分にあるのですがやはり走行距離と、経過時間には敵わずひび割れてきます。

今回の車両はプジョー307です。新車から大切に乗られていて、これまでにも数々の整備をお任せ頂いているお車です。

今回は足廻りの各部を総リフレッシュする為、リヤのビームマウントも交換する事になりました。


交換した後の車の復元具合が楽しみなパーツです。

ビームマウントの組み付けに合せて、リヤにリジカラを組み付けます。

リジカラを取り付けるプレートは、M10のボルトで締め付けられていますが、ベースプレート側には13mm位の大きな穴が開いています。
リジカラにより、その大きな穴がピッタリと埋まります。


前後のサスペンションスプリング・ショックアブソーバも組み替えを行いましたので、この後4輪トータルアライメントを行いましたので仕上がり・試運転が楽しみです。

1台の車に永く乗る事、楽しみながらメンテナンスを重ねていく事、楽しいカーライフの醍醐味です。

Written by Hashimoto