CLIOⅢはステアリング廻りの緩み要注意

整備作業の大詰めのCLIOⅢは、足廻りの整備を進めております。アライメント調整前に緩みの多い、ラックアンドピニオンとサスペションメンバー間の取り付けスクリューナットを増し締めします。

この取り付けが、緩むと最大切れ角時に異音の発生など不具合が発生します。





全てのサスペション廻りの増し締め作業を行い、4輪アライメントの調整となります。