イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー407クーペは右リヤショックに異常有り

継続検査での入庫のプジョー407クーペは、走行距離がジャスト10万キロでの入庫です。概算見積りを制作の為、各部の点検広い出しの際に、SDL診断にてサスペションの不具合が見つかりました。

C464A74E-0338-4396-8D5A-3CAC2230D9B4

8078604F-1150-4178-A204-215DD81A44BF

DC0F5002-EB43-43C4-A80C-7C6E15625F4B

この車両は、電子制御のショックアブソバーにローダウンスプリングが組み合わされており、低く構えたスタイルは、迫力は有りますが、左リヤのショックが機能してません。オイル漏れは、確認出来ませんが、ショック内で何か異常が起きている様です。右リヤのみショックアブソーバーの交換を案内させて頂きます。