エナペタルダンパーでローダウンも追従性も叶えます
ABARTHアバルトサスペンション


SessAアジャスタブルサスペンションの組付けを行ったアバルト595です。こちらのアバルトは当社デモカー595と同じ車高にセッティングを採らせて頂きました。

乗って違いが分かるのは当然ですが、目で見ても変化が分かるサスペンションテストの結果をご覧ください。

・BOSCH SDL テストの施工により、当社では足回りのデータ管理を行っています。
これらは車種ごとに異なるサスペンションの特性を把握する事が出来、足回り整備には欠かせないツールとして認識しています。
新品のアシを組んだとしても、それを正常と判断する為にはテスタ無くしては判別つきません。

こちらは、施工前のアバルト595の純正ダンパーのサスペンションテスト結果です。
前後共に大きく垂れ下がり、接地感が薄い事が見て取れます。
これが別の車で、ストロークの長いゆったりとした乗り心地を再現した車であれば良いのですが、
アバルトはキビキビとした走りをしたい車です。そうなるとこの垂れ下がりは車の性格にそぐわない結果となります。

SessAオリジナルサスペンションの場合のグラフと比較してみましょう。

全体的な垂れ下がりを抑えながら、路面粘着率の向上を実現しています。

この違いがダンパー性能とスプリングの違いにより、得られるものです。

アバルト乗りの方々が口々に発する跳ねる・スピード出せない、これは路面粘着率が低いから故に発生する事が理由なのですね。

新品部品さえも信頼しない、疑い深い工場目線だと我ながら思います。

Written by Hashimoto