イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

グラプン アバルトに PROMETEO 大容量オイルパンの取付

IMG_4997
グランデプント・アバルトに PROMETEO製 大容量オイルパンの取付です。
この画像、エンジンルームのタワーバーが目立ち過ぎてますね。
エンジンの存在感よりもタワーバーの出で立ちが明らかに勝ってます。

この大容量オイルパンが好評でして。
4044FDBC-A6B1-4412-B7B0-8C3D85984FF6
付ける機会が今後増えてきそうです。

オイルパンを大容量にすると、追加で1.5L程の容量アップとなるのですが、エンジンにとっては
良い事だらけです。

まずはオイルパンを取り外します。
IMG_4995
この手の車のオイルドレンは、オーバートルクや、ガスケット交換を怠ると
すぐにネジ山が壊れかけます。
ボルトが細い事と、掛るネジの量が少ないのが原因ですが、ネジ山不良の車が多いのは事実です。
リコイルなどの修理も、あまり上手くいかず、交換するのがベストなのです。
その際の選択肢に、純正か?大容量か?を考えると、大容量にしたくなりますよね。

IMG_4998
取り外した後、滴状に垂れてくるオイルが落ち着くまでしばらく放置します。

この角度から、当社のオリジナルフライホイールを見る事が無かったので
とりあえず撮影をしました。
内側がごっそりとえぐられているのがよく分かります。
IMG_5002

IMG_5006
IMG_5005
IMG_5010
フランジの清掃と、面出しを行い、オイルパンを締め付けていきます。

アバルト系の1.4Tエンジンには使ったことがありませんが、いつのオイルと変化を
付けるために今回は使用オイルを変更しました。
IMG_5012
SessA JTS 10W60です。
ぱっと聞くと固いオイルに思えますが、それほどでも無いです。
硬くてドロドロというよりも、耐熱温度に重点を置いているオイルです。

それと、汚れてからの油膜強度の保持にも他のオイルよりも勝る性質です。

JTSと名付けたのは、156JTSの直噴エンジンに適したオイルを!という所から
開発したオイルだからです。

オイル容量が増えた事で、油温・油圧・耐久性、どの程度の違いが出てくるのか楽しみです。