ルーテシア3RS の操舵角構成後 アライメント調整

ラックアンドピニオン構造のステアリングギヤを交換したルーテシア3RSは、ステアリングアングル(操舵角)をECUテスターを用いて初期設定を行いました。

エレクトリックスタビリティコントロールの付いた車両には、大切な作業となります。

ハンドルセンターを確認、アライメント作業を行います。

足廻り作業完了、試運転に入ります。

リフトアップの際、何時も気になるクーリングファンスクリューの緩み、増し締めしておきます。モーター本体の軸受け不良の場合も有る為、要注意箇所です。