プジョー106は テールランプ不具合修理

継続検査での入庫のプジョー106S16は、テールランプ灯火状態に不具合がありました。スモールとブレーキランプを点灯させてウインカーを作動させたりバックフォグを点灯させるとブレーキランプの照度が暗くなります。灯火廻りのバルブ交換と合わせて基盤や配線端子のアース不良を手当てします。

以前にテールランプ内に雨水が侵入した形跡有り、基盤の腐食がアース不良の原因です。灯火廻りの点検の際は、アース回路の手当てが大切でね。