クリオ2にスフェリカルアッパーマウントの組み付け


スフェリカルアッパーマウントはクリオ2用の設定もあります。
パーツページでの掲載はコチラ

今回装着を行ったクリオ2は、既に車高調整式サスが組み付け済でした。
無加工では装着ができませんが、加工次第ではほぼどんな足廻りにも装着は可能です。

マウント全体の高さやセット位置、アッパーシートに対しての固定方法や寸法調整の為にどのような加工が必要かは様々です。

今回は、アッパーシート本体をピロカラーサイズに合うように加工し、その後はスペーサ代わりのカラーも制作しました。

締まったセッティングのサスペンションは、マウントの余分な動きが、遊びとして増幅し不自然な動きを伴うようになります。
しっかりとストラット・トップを固めて、意に沿うサスペンションを構成することは大切です。

Written by Hashimoto