イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオ156JTS サスペンション及びクラッチ系統のメンテナンス開始

156JTS 左ハンドル 走行距離 102000キロ
以前より気になっていた クラッチ・足回りを中心に作業をご依頼いただきました。

作業前の試運転・サスペンションテスト(BOSCH SDLテスト)・お客様との打ち合わせなどを行い
方向性と仕上がりイメージを想像し、今回のプランをご提案となりました。

まずは、サスペンションテストの結果
SDL-1

SDL2-1

距離相応に劣化している事が、目で見て分かります。
これがSDLテストの良いところ。
感覚での違和感ではなく、ズバリをご提示します。

もちろん試運転から得られる情報は大切ですから、テスタの結果・人間の感性を合わせて最適なプランをご提案しています。
さて、この結果が作業後、どの様に変化するのでしょうか。仕上がりが楽しみな1台です。

ちなみに、今回使用するパーツ郡の大物はこのような感じです。
CIMG0325 CIMG0329
ビルシュタインB4が目立っていますね。
クラッチの分解時は、サスペンション系統の分解も行いますので、この機会に一斉交換すると作業費用の2度手間は
確実に抑えられます。部品代金が一度に必要になりますので、合計金額は大きくなりますが個別で施工するよりは
かなりお値打ちです。
お楽しみ要素でもある、リジカラ も盛り込みます。

サブフレームを取り外し、このとき以外には交換不可能な スタビライザーブッシュを交換します。
メジャーな話ですが、スタビライザーブッシュ単品は純正供給がありません。
純正の場合、スタビライザーバーごと交換することになります。高価ですね。
当社では、社外品を選りすぐり、整備に使用します。
CIMG0319 CIMG0315
CIMG0313

洗浄を終えたサブフレームは見た目にも良いです。
裏方パーツなので、走行すればたちまち汚れますが、各部を綺麗にしながら組み付けを行うと
やはり作業をする側は気持ちも引き締まります。
CIMG0320

交換後のスタビライザブッシュは、バーに対しての効き具合がまるで違います。
稼動範囲で持ち上げて、手を離しても垂れ下がりません。
147・156・GTの足回りの異音原因のひとつでもあるため、適正なタイミングで交換したいですね。
CIMG0324 CIMG0323

この後もグングンと作業を進めます。