イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

124スパイダー 足廻り

124スパイダーをサスペンションテストを行ったり、下回りの構造を見て ほ~って関心したり、
マツダの作る車は、普段自分達の携わる車とはちがうな~っと納得したりと、真新しい車は
やはり楽しいですね。

124スパイダーは駆動方式がこれまでのフィアット車と異なります。
後輪駆動なのですね~。
楽しみですね。

フロワー裏側で目を引くのが、補強プレートです。
こういった物が標準装着されていると、それだけで嬉しくなります。
アフターパーツもリリースされてくるのでしょうけれど、必要だから付いている!
という説得力があります。
rimg1624

リヤサスペンションです。
マルチリンクで、調整機構が豊富です。
ロードスターの伝統的な足回りは、乗り手を愉しませ、触り手も愉しませるという事ですね。
rimg1621 rimg1622

フロントも面白いです。
ステアリングラックは車輌の前方に配置されています。
FR車らしい造りですね。
ロータスエランをはじめとする、ライトウェイトスポーツカーも、もちろんこのレイアウトです。
rimg1625

フロントも調整機構が豊富です。
rimg1627 rimg1626

BOSCH SDLテストも施工しました。
荒い画像ですが、動画もあります。