イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノーカングーは空燃費の適正化に効果のある作業を行います

IMG_2386
クラッチや、オルタネータ廻りなどの整備を進めていたカングーの作業も終盤となりました。
最後に着手する項目は、インテークマニホールド廻りの整備です。

このカングーに搭載される、K4M型エンジンはスロットルボディとインマニの接続部に
軽度のエアー吸いが発生し易い事が少々難点です。

インマニとスロットルの接合に、フランジ固定では無くOリングはめ込み式を採用している
事がその原因です。
IMG_2387
この部分が、その接合箇所です。

Oリングの交換には、マニホールとスロットルを外す必要がある為各部を分解します。
IMG_2388
必要箇所を同時にバラシながら、最後にスロットルを取り出す構造です。

外したスロットルに装着されているOリングは、インマニにはまり込んでいた箇所が
角断面っぽく変形しています。
IMG_2389

気密保持の為にはこのOリングの交換を定期的に行いたいです。
IMG_2395

IMG_2403
IMG_2405
新品のOリングは丸みがあります。気密保持力が高そうです。

合せて、スパークプラグの点検を行いました。
IMG_2396
プラグの焼け色がすすけています。
Oリングの劣化により、外部よりエアーを吸い、空燃費が薄くなっていた可能性も
考えられます。
IMG_2399
イリジウムプラグのギャップを調整し、組み付けます。

狙い通りのフィーリングへと変化する事に期待します。

Written by Hashimoto