アバルト車高調 連日組み付けです


本日もアバルト595にオリジナルサスペンションの組み付けです。どっしりとした乗り味、低く身構えながらもガツガツしない乗り味が特徴のSessAオリジナルサスペンションは締まった硬さの中に、不安を感じない乗り味が魅力です。

アッパーマウントにはスフェリカルアッパー Type N-1をチョイスしました。ノーマルアッパーマウントにも組み付けは可能ですが、現在のところ未だテストは出来ていません。
アバルトはチンクのサスペンションを純正以外の物に変更する際は、マウントの耐久性を考えるとスフェリカル化はできればご検討頂きたいポイントです。
ただでさえ、耐久性の低いラバーマウントですのでダンパーストロークとラバーマウントの組み合わせでは制御不能になる事も多いです。

フローティングタイプのアッパーマウントは、へたれば遊びが出て来ます。
アッパーマウントに設けられた遊びや、可動範囲は実は重要な仕事をしているのをご存じでしょうか。
ストラットは、ステアリング操作に併せて前後にも稼働します。
そうなんです。ストロークの上下運動だけで無く、前後にも振れるのです。
その前後の動きに対して抵抗なく動くための遊びは必要という訳です。

スフェリカルアッパーに変更することで、トップに備わるピロボールの働きで前後方向の動きをスムーズに稼働させる事が可能です。

今回の595は、デモカー595よりも少し車高を低くしたいというご要望もありましたので、リヤを10ミリ・フロントを5ミリ低くセッティングしました。


安定感のある乗り味をお楽しみ下さいね。

ホイールは純正ですが、SessAホイールスペーサを装着済です。
フロントに11.5mm
リヤに16mm

バツグンのツライチを狙う厚みをリリースしています。ご利用下さい。

Written by Hashimoto