イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106s16 クラッチ交換進行中

またもやクラッチ換えています。
今回は超お得意の106です。
RIMG3021 RIMG3023
サクッとミッションを降ろします。

今回は、左右のロワアームも交換します。
RIMG3026 RIMG3027
ブッシュがユルユルになっています。
指先の力でグラグラと動いてしまいます。
RIMG3028 RIMG3029
捻る方向にもグラグラです。

ここまで傷むと、さすがに走行に不安を感じるようになります。

レリーズベアリングと、その軸部です。
RIMG3030
ここのスライドの動きは非常に重要です。
使用過程において、グリス切れを起こす為、交換後のクラッチペダルは非常に軽くなります。

この部分は106のオイル漏れのメジャーポイント。
RIMG3036 RIMG3035
シールも弱く、シャフトもよく動くので、交換後も暫くすると滲みを発するのが悲しいです。
連結するロックピンを定期的に交換しないと、シフトレバーにガタツキを感じる様になる為
ミッションを取り外した際は必ず交換します。

エンジンの下側のマウントも交換しますが、今回は純正品では無く、強化品です。
RIMG3038 RIMG3037
POWERFLEXというイギリスの老舗メーカーのマウントを使用します。
マウントの硬さによって色が異なります。
有名なのは紫色ですが、今回は黒色をチョイスしています。
黒の方が少し素材が硬いのですが、乗り比べてもその違いはあまり分かりません。

いずれの素材も振動は増えますので、快適に走らせたい方には不向きといえます。

106をキビキビと走らせる場合には非常に良い仕事をしてくれます。