イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

レースカー206WR クラッチ整備

またクラッチ換えてるの?っと聞こえてきそうですが。
今回のクラッチ整備施工車輌は206のレースカーです。
ラテンフェスタ参加車輌の中でも一際の速さを魅せる一台です。
RIMG3044
ちなみに、ナンバープレートの付かない車輌です。
全ての移動は、積載車が必要という事になりますね。
作業前・後の試運転すら出来ません。

作業工程は普通にミッションを降ろして、フライホイールとクラッチ交換ですので
画像はあまりありません。
RIMG3040
かっこいいブレーキキャリパー越しに、ミッションの降りたエンジン側を撮影

トランスミッションも外観は綺麗なものです。
RIMG3041
クラッチハウジング内は、黒ずみますが、日常使いが無いと車の機能部品って
意外にも綺麗を維持できます。

レースカーと言っても、強化クラッチを装着していたわけではありません。
RIMG3043 RIMG3042
普通に純正クラッチとフライホイールです。
ノーマルクラッチだと滑る程のパワーも持ち合わせていないので、これで十分なのです。

今回は、クラッチ交換と、フライホイールも交換します。
RIMG3051
フライホイールは、当社のオリジナルを使用します。
RIMG3052 RIMG3053
超軽量なフライホイールではありませんが、ノーマルと比較すると十分に軽いです。
クロモリフライホイールと、純正タイプクラッチ3点がセットになったお得な
ライトウェイトフライホイール+クラッチKITは106用とも並ぶ当社のベストセラーオリジナル商品です。
最近は、車輌減少により取り付け頻度は減りましたが、在庫は有ります。
整備次第では十分に楽しめる206シリーズ、これから装着でも遅くはないです。

日常使いに犠牲を感じる事の無い、適度な軽量具合が魅力な一品です。
高回転に向かうにつれて、吹き上がりに鋭さを見せるのはNAエンジンならではの魅力です。