イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106S16の点検・整備

サーキット専用車に仕上がった106の整備です。
IMG_0867
各部の点検から始まり、消耗品の交換や整備を開始します。

IMG_0862 IMG_0866
タイミングベルトの交換やウォータポンプをはじめとし、当社のオリジナルパーツや
海外製の強化パーツも織り交ぜて整備を進めて行きます。

驚いたのは、エンジンマウントが新車から未交換っぽく見えるものが付いているじゃないですか!
IMG_0872
頭がオレンジのマウントは、106の新車当時の物なのです。
注意してみると、ブラケットとマウントの間が妙に空いています。

もしかして。。。
IMG_0873
やっぱり!
内部のボルトが折れていました。

ボディ側にブラケットがこすれていた為、ひっかき傷の様な痕跡もあります。
IMG_0876

エンジンの下側のマウントも、ズタボロでした。
ミッションの入りがおかしい時があるって伺っていましたので、内部のシンクロを
疑いましたが、マウントがこの状態ではアカンですね。
IMG_0879

ここは、振動は増えますが強化品に交換します。
IMG_0880

エンジンをかけると、エンジンルーム内から排ガス臭と、排気音が出ていました。
IMG_0884
マニホールドガスケットが吹き抜けています。
ガスケットの交換だけでは完治しなかったため、マニホールド本体に加工処置を施しました。

引き続き整備を続けます!
IMG_0869