イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルトMTAにフロントマウントインタークーラの取り付けです

2018/12/10 | アバルト

軽量フライホイールを組み付けたアバルト595 MTAです。

フロント周りの組み付け時に、フロントマウント・インタークーラーの取り付けも行います。
IMG_2393

フロントセクションの分解は、上手く分解すればご覧の様に全ての部品を装着
したままアッセンブリ状態で取り外しが可能になります。
IMG_2391 IMG_2392
便利なのですが、かなりの重さになります。

吊り下げ状態で、現在のサイドマウントインタークーラを取り外していきます。
すると、少しシンプルな構造になってきます。
IMG_2394 IMG_2395

基礎環境を整え、以下の部品を取り付けていきます。
IMG_2397

サイドマウントから、フロントマウントへの変更の場合、構造が非常にシンプルになるのが
魅力です。

ターボ配管レイアウトは、エアインテークラインのひとつとなるため、シンプルかつ
高効率が理想的と言えます。

車両側の接続部へのホースの取り付けですが、既製品のままだと位置合わせの
切り欠きがないので、差込みの際になんとなく不安が残ります。
IMG_2398 IMG_2399
この分だけホースを差し込むことができません。

なので、純正ホースのように位置決めの切り欠きを加工により用意します。
IMG_2400
IMG_2403
このホース、なかなか手の込んだ構造でして。
内部に段が付いており、差込部に対しての差込ストッパー的な物が付いています。
あまりこういう構造のホースはみかけません。

重たいフロントセクションを、一人で付け外しする為の台も製作しました。
IMG_2404 IMG_2405
これがあれば、一人での作業に非常に役立ちます。

下側に専用のブラケットを取り付け、そこにインテークーラを取り付けます。
IMG_2409
純正のサイド2個分と比較しても、それを勝る十分な容量アップです。
IMG_2408

バンパーを取り付けると、本来のインタークーラの場所が空きますので、ここから
フレシュエアーを導入したくなってきますね。
IMG_2411 IMG_2413