イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノーカングー エンストの対策?

IMG_7022
カングーがエンジン ご機嫌ななめな時有り。との事で入庫しています。K4Mエンジン搭載のトルコンATです。ごくたまにエンジンがストールする事があるとの事ですが、試運転を繰り返しても全く症状は出ず。。。こういう時が一番困りますし、悩みます。何にも対策や手を施さずに納めると前進しないので気になった事を施工して一度納車します。

気付いたのは、なんとなくアイドリング回転が低い事。PレンジやNレンジで950rpm Dに入れて900rpm位が正常かな?っと思うのですがDレンジでブレーキを踏んで650rpm位。でもまるで回転に乱れはありません。もしかすると不具合は発生しておらず、学習補正の積み重ねでアイドリング回転が下がっている?と思ったため以下のことを実施することに。

カングーのスロットルボディはガスケットで固定されているのでは無く、太いゴムシール(Oリング)ではめ込まれているのでその部分をチェックすることに。
IMG_7016
これですね。

リングシールを外すと。
IMG_7018
新品比較で随分とサイズ差が生じています。痩せると良い事はありません。交換です。

ついでにスロットルボディの汚れは除去しておきました。
IMG_7021

ここまでの処置でアイドリング回転が理想的な回転数に復活しています。良い方向に向かえば嬉しいのですが。。。