イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

DS3レーシング作業の続き 今度はオイル漏れのメイン箇所

IMG_8004
先日、タイミングチェーンの調整によりバルブタイミングを最適化したレーシングです。
とにかくいろんな箇所からオイル漏れをしていまして。漏れすぎていて、どの痕跡がどこの漏れなのかが分からなくなっています。この箇所からの眺めですと、カムカバーから伝っているのがわかりますが、途中にチェーンガイドをロックする為のボルトの周囲も怪しいのでこの際に対策しました。
IMG_8005

あとは、オイルエレメントが装着されているブロックからの漏れも激しい為、触媒を外して作業を行っています。
IMG_8011
前回りのクリアランスが狭いので、作業性が悪いのです。
IMG_8012
この状態から、ヒートシールドを外すとようやく全貌が明らかに。
IMG_8013
長期間の漏れにより、埃も蓄積されています。

ブロックを取り外してガスケットを交換です。
IMG_8016 IMG_8019

上を見上げると、これまたどこの漏れなのか?
IMG_8014
ヘッドガスケットでは無い事を祈ります。

作業前に気付いていたので、部品を手配していましたが、エアインテークパイプの状態が酷かったです。
IMG_8020
IMG_8021
クランプ箇所の粉砕により、ちぎれていました。ここのパイプは内部に気密保持用のラバーが入っているのですがその部分も切断されていました。あと一歩でタービンがラバーを吸い込んでしまい、タービンブローする寸前です。危なかったです。

一度に一気に進めれられたので、パワーもご機嫌に復活!オイル漏れも完治し、気になっていたことがクリヤーになりました。ものすごく調子が良くなったのでお客様からの感想が楽しみです。