イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

メガーヌ4RS にレデューサの装着!

IMG_9263
ただでさえ速いメガーヌ4RSをより滑らかに、そして踏み込めば俊敏にするパーツを取り付けました。ブローバイガスの還元方式が現代のハイテクな欧州式では無く、従来の日本方式でしたので効果の程は大きいと思います。私たちの試運転内ではオリジナル出力が大きすぎて、レデューサ単体でどうなのか?まで具体的な判断は現状できていません。

レデューサを取り付けるのはこの部分です。
IMG_9265

このラインPCVバルブの付いたホースは取り外します。
IMG_9266

PCVバルブはカムカバーに装着されています。
IMG_9267

それぞれのホースを取り外します。
IMG_9268 IMG_9269

純正ホースをそのまま使用し、取付が可能でした。
PCV側のホースは無加工で保存しておきます。
IMG_9274
IMG_9271

PCVバルブはグロメットで封鎖します。
IMG_9283

インテークマニホールドからは、ワンウェイバルブを介してレデューサ本体と接続します。
IMG_9280
IMG_9275

これまでのルノーターボエンジンよりもラクに装着が可能ですので、キット化も視野に入れて考えています。
IMG_9270

気になる方はお問い合わせ下さい。

Written by Hashimoto