イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ABARTH 500C (アバルト595) メンテナンス作業のスタートです。純正非設定のリペアパーツに救われます。

IMG_0238
アバルト500cを初回メンテナンスでお預かりさせて頂いています。先日、初回の点検をご依頼頂いたお車です。点検での内容を基にご希望事項やご予算を織り交ぜての作業のご案内をさせて頂き、今回の施工となりました。

発電電圧の不安がありましたので、先ずはステージ1メンテナンスからスタートします。
IMG_0239

ステージ1メンテナンスの際に、バッテリ回りを分解しますので同時進行でサーモスタットの交換も行います。
IMG_0241

今回の車両は問題有りませんでしたが、サーモスタットのパイプにカチンっとワンタッチで取付るコネクタですが、状態によっては樹脂劣化が進み割れてしまうことも多々有りです。
IMG_0263
仮に割れてしまった場合、リペアパーツは設定が無い為ホースとセットでの交換となるのです。

でも、ご安心下さい。独自ルートで在庫設定ありマス!
IMG_0262
画像中央の黒色の部品がソレです。少し形状は異なりますが用途が同じです。
今回は、無事に取り外せてはいますが、予防のために交換します。
IMG_0266

IMG_0271 IMG_0272
クーラントのタンク劣化も毎度の事ですが、良い状態では無かったので交換です。

ステージ1メンテナンスや、水回りの作業を終え、引き続きブレーキ系統の作業へと移ります。

Written by Hashimoto