イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ROVER MINI(クラシックミニ)はサスペンション系統のメンテナンスを行います

IMG_0894
継続検査・車検整備でのお預かり中のローバーミニです。
インジェクション最終モデルと言えども、サスペンション構造は1959年の当時のままです。

日常アシとして使う車輌で有れば、年に一度は必ず各部の調整やグリスアップが必要となるのが今時珍しい手の掛かる車というわけです。

特に弱い箇所は、フロントのハブベアリングやボールジョイントです。
IMG_0892
今回は、ハブベアリングとボールジョイントの組み替えを行います。

まずは、必要箇所を分解します。
IMG_0898
ハブキャリア・ブレーキディスク・ロワアーム・テンションロッドを取り外します。

その後、ベアリングキャリアから交換する部品を取り外し、トレントにて洗浄を行います。
IMG_0901
ミニの整備でネックになるのが、定期的なグリスアップが必要な構造のため、各部が常時グリス付着をしている点でして、作業の妨げになります。
手も汚れますし、工具も汚れます。
なので、この先の作業をスムーズにするため、まずはピカピカに洗浄を行います。

古典的なボールジョイントは、分解すると複数の調整用シムが出て来ます。
IMG_0903
IMG_0904
このシムは厚みが数種類用意され、その都度適正な効き具合になる様に調整を行います。

なのですが、この作業が手間なのですよ。これまで幾度となく行っていますが、時代の移り変わりにより便利な部品がリリースされています。
IMG_0911 IMG_0912
現代の車輌に用いられているのと同型式のメンテナンスフリー・ボールジョイントです。
これを使用する事で、これまで必要だったシム調整も、グリスアップも不要になります。

そして、ハブベアリングの交換です。
IMG_0907
ベアリングは、バラバラの無給油状態で用意されています。

ですから、組み付け前には手でグリスを詰めていく必要があります。
IMG_0908 IMG_0909
ベアリングの隙間に充填するわけです。

その後、油圧プレスにて、ベアリングアウタレースを圧入します。
IMG_0910

IMG_0913
そうして、ハブキャリアのコンプリートが完成となります。

IMG_0914
分解ついでにロワアームブッシュとテンションロッドブッシュも同時に交換します。

IMG_0915
耐久性もハンドリングも良くなるので、お勧めです。

Written by Hashimoto