イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシア3RS  SessA低ダストパッドへ交換

2020/01/17 | ブレーキ整備ルノー

ルーテシア3RSはフロントブレーキパッドの消耗していましたので交換です。

そんな時におすすめするのがSessA低ダストパッド。

ブレーキダストが少ないのも当然ながら長寿命かつローターへの攻撃性も少ない事が特徴です。

0E8AA6A6-DB4C-4F29-BB41-4EEA799EA091

ノーマルパッドの消耗と共にブレーキローターも消耗していましたのでパッドとあわせてブレーキローターも交換します。

1B19B09F-19FA-4FBE-BC81-22D43EDFC34D

ノーマルパッドではこれぐらいが普通なのですが、40000Kmほど使っただけでかなり消耗していました。

1895E6DB-E408-4436-A856-C51A26496EA1

ブレーキローターを外すと錆びたハブ面が気になりましたので、

A87359AC-364F-4DAD-985B-98B4B04BBEB6

しっかりと錆や汚れを落としていくと

B406C126-BAC4-4E8D-9AE8-0E821588BBD4

これぐらいにキレイになります。キレイになったら防錆しつつローターを組付けます。

0069FC5E-0E11-4D98-84CA-522ACB988A59

ブレーキキャリパーも簡単にですがキレイにしておきます。

EAC5E0F8-6884-49DA-A66F-E9AC54804E96

bremboキャリパーだと隠れてしまいますがオレンジ色がSessAパッドの特徴です。

58E2A53B-FE21-4D6D-93B6-F1601DAE35D4

パッド&ローター完了。

ブレーキフルードの交換も行いブレーキ周りのメンテナンスは完了です。