アバルト595レデューサの取付

IMG_2634
シリーズ4アバルトにレデューサの取付のご依頼を頂きました。鮮やかなイエローにアドヴァンレーシングのホイールがバツグンに格好良いです。サスペンションがノーマルとの事ですので今後是非とも手を入れたい箇所です。

今回は、クワッドリードレデューサと、BMCブローオフフィルタの取付です。
IMG_2635
レデューサの取付には、まずエアクリーナボックス兼エンジンカバーを取り外します。
IMG_2636
エンジンカバーを外すと、純正のブローバイ処理装置が現れます。このボックスを取り外します。
IMG_2637
ボルト3本と、2本の接続ホースを抜き取れば外れます。
IMG_2638
取り外した場所に、専用設計の取り回しでデザインされたレデューサを合せていきます。
IMG_2639
慣れれば、特に難しいことも無く、装着は可能です。
IMG_2640
エンジンカバーを元通りに戻すと、全く見えなくなってしまうのが残念な点でもあります。BMC OTAを取り付けると、エンジンカバーが不要になりますので熱対策にも貢献し、レデューサもしっかりと見えるようになります。

今回の595には、過去にV-UP16の取付とステージ1メンテナンスも施工済です。V-UP16取付後の厚みを増した走りにレデューサの生み出す軽快感が加わると、乗り易さと楽しさがグンッと向上します。お勧めです!

Written by Hashimoto