イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

フィアット500のハンドルの汚れ、クリーニング作業に絶対の自信あり!

アバルトを除くほとんどのフィアット500には、ホワイトレザーステアリングが
標準で装着されています。

おかげさまで、フィアット500の入庫台数が右肩上がりで増えている当社の近況ですので
この白色のハンドルを見る機会・触れる機会も非常に多くなりました。

それと同時に、ハンドルの汚れが気になる事もおのずと増加傾向にあります。

お客様は、どのようにしてこの白いハンドルの手入れをされているのだろ?
っと考える事も多いです。
状態については個体差が多いですので、一概に皆様のハンドルが今回の投稿の
対象になるわけではないのですが、一見の価値はあると思っています。

それではどうぞ。
驚いた方はご相談をお待ちしています。

先日、メンテナンスでお預かりをしていたフィアット500です。
整備も終盤を迎え、エンジン性能・サスペンションフィーリング、ブレーキの感触
全てにおいて良い結果を個人的に体感できました。
なのですが、試運転中の視界に入るステアリングに気持ちが下がるのです。
IMG_1458
IMG_1459
レザーのシボ間に入り込んだ汚れが気になります。

車の性能面は格段に良くなっているのですが、操作系の中心にあるハンドル、この部分の
視覚的に占める割合は大きいです。

以前から試してみたい洗浄方法がありましたので、これは良い機会と思い
挑戦してみることに。

まずはステアリングホイールを、車体側から取り外します。
ステアリングに付いているスイッチも分解・取り外しを行います。
IMG_1462 IMG_1463
この後、洗浄作業に入ります。
作業を進めること数分。

凄く綺麗になりました!
IMG_1465
IMG_1466

組み付け時に手の汚れを再付着させないよう、細心の注意を払って組み付けます。
IMG_1473
ビックリする位の出来映えに、正直自分も驚いています。

細部のステッチも新品並みの綺麗さになりました。
IMG_1470

ここまで綺麗になると、普段は綺麗な方だなと思っているステアリングも
クリーニングしたい気持ちに駆られます。
IMG_1469

クリーニング作業を気になる多くの方へご提供したいのですが、当社の
工場作業のスケジュールの都合上、お預かりさせて頂いているお車への
限定作業とさせて頂きます。
ご了承下さい。

フィアット500 ホワイトステアリング・クリーニグメニューは¥12000-(税抜き)にていかがでしょうか。
なのですが。
「クオリティ安定化テスト期間として、初回3名様までキャンペーン価格を設定します。」

フィアット500 ホワイトステアリング・クリーニグメニュー キャンペーン価格¥9000-(税抜き)
と、させて頂きます!