クリオ・ルーテシア オイル漏れの修理


ルノークリオ&ルーテシアは2.3を問わずオイルパンとシリンダブロックの接合面からのオイル漏れが発生し易く、距離と年数経過で修理が必要となるケースが多いです。

接合面全体から、じんわりと漏れてきます。アルミのオイルパンにラバーガスケットが入る構造です。
アバルトの場合はガスケットが入っておらず、フランジシーラントのみですのでカーメーカーによる考え方の違いが現れています。

3RSの場合は、オイルパンの取り外しが比較的楽なのですが、2RSとなると厄介です。サブフレームの取り外しが必要となります。

オイルパン・ブロック共に出来る限りの洗浄を行い、新しいシールを組付け更に液体ガスケットも塗布して組付けを進めます。


新しいオイルを入れ、エンジン始動・漏れの確認を行い作業が完了となります。

今回のクリオ3RSは車検整備でのご入庫です。
この後は、サスペンション系統の作業を控えています。

引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto