イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオ156 オールペイントのBefore⇒After

アルファロメオ156はデザイン・フィーリング共に魅力的で、色褪せることの無い名車です。
しかしながら残念なことに、ボディの塗装は色褪せている事が多いです。
ご存知の通り、その被害が最も大きいのがブランドイメージを象徴する赤色。

今回は、走行距離が20万キロを迎えた156TIを完全リフレッシュしましたのでご紹介させていただきます。

塗装前の状態...。
ありがちな姿です。色が抜け、クリヤーが浮き、海外の塗装がいかに日本の気候に合っていないか、というありさまです。
こうなると、愛情が薄れてしまい買い換えるという結論に至る方も多いとは思いますが、ここを乗り越える魅力を持つのが
156なのです。
CIMG9602 CIMG9606
CIMG9606 CIMG9608
紫外線に照らされる時間が長いほど、劣化も進んでいます。

剥離の必要な箇所は、がっつりと下地処理を行います。
塗装の犯された箇所は、この下地処理が非常に大切です。
手間も、時間も掛かる作業ですが、10年後も美しく有り続けるため妥協できません。
image1 image2

このような作業には工期が非常に沢山必要となります。
今回の156はお預り~完成納車まで、約3ヶ月となりました。
夏の終わりにお預りし、納車は真冬ですのでその間のお客様の待ち遠しい気持ちを察すると、私達も気が焦ってしまいます。
こればっかりはあせっても仕方ないですね。

長期的な作業の末、見事に輝きを取り戻した156TIをご覧下さい。
深みのある鮮やかなアルファレッドが年式・走行距離を感じさせぬ見事なオーラを放っています。
CIMG0214 CIMG0230

今回は、鮮やかなレッドを引き締めるべく、顔廻りにカスタム要素も盛り込みました。
CIMG0219
CIMG0220 CIMG0221
フロントグリルはマットブラックとカーボンラッピングで飾り、ヘッドライトは表面を磨き込み透明度を上げた後に
ライト専用フィルムのライトスモークをラッピングしました。

あくまで下品な車にならぬよう、ポイントを押さえつつも、控えめな主張を心がけます。

CIMG0224
ドアピラー部は、純正のつや消しシートの交換ではなく、ここもさりげなくカーボンシートで純正との違いをアピール。

CIMG0222 CIMG0223
各部への移りこみも見事な艶が成せる業。
本当に綺麗です。

ここが一番分かりやすいですね。Before⇒Afterです。
CIMG9608 CIMG0223

この156はきっとこの先も末永く愛される事でしょう。
ご依頼をありがとうございました。

ビシッと全塗装を!とのリクエストお待ちしています。

Special Thanks!川端自動車工業